綾プロ10周年記念「新緑の綾の森へ行こう!」開催しました!

綾の照葉樹林プロジェクト 10周年記念イベント
「新緑の綾の森へ行こう!」
を、5月17日(日)に開催し、参加者33名、スタッフ約20名でおこないました。

前日までの心配もなんのその!
雨の合間に、思いがけない晴天が訪れ、新緑の空気と命のにぎわいを楽しむことができました!

県有林遊歩道 展望スポットから綾南川の谷間を眺める

県有林遊歩道 展望スポットから綾南川の谷間を眺める

そして、今回はヒル対策に「塩水」を使用!
素晴らしい効果で、被害にあう方もいませんでした♪

9:00に公民館文化ホールを出発し、A大森岳林道コース、B県有林遊歩道コースに分かれました。

それぞれ散策を終え、12時過ぎに綾の照葉大吊橋に集合。
綾の猟師さんがさばいた「シシ汁」とおにぎりに舌づつみ。

タケノコが入ったシシ汁!

タケノコが入ったシシ汁!

その後は、吊橋前の広場で、記念のあいさつを綾町長 前田穰氏にいただき、
宮崎県知事の河野さんもかけつけてくださいました!

P1180586

そして、綾の語り部のお二人に、綾に伝わる昔話を披露していただきました。

語り部のお二人

語り部のお二人

当会の会員さんも久しぶりにイベントに参加され、
「会員を続けるか迷っていたけど、また会員を続けていこうと思ったよ!」
と嬉しい言葉をかけていただきました。

樹洞の前でフクロウになる?!

樹洞の前でフクロウになる?!

さぁ、次の10年に向けた一歩は、もう始まっています!

P1180529

 

 


ゴールデンウィークの営業について

いつも てるはの森の会 を応援いただき、ありがとうございます。

ゴールデンウィークを含む下記期間の営業は、以下の通りです。

4月29日(水・祝)~5月6日(水・祝):お休み
5月7日(木)~:通常営業
※留守の場合、
御用の方はメールまたは留守番電話に伝言をお願いします

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


(終了しました)〆切間近!木こり体験 参加者 募集中!!

第16回 照葉樹林復元ボランティア事業
照葉樹の森で、木こり体験しよう!!

 

綾照葉樹林木こり体験

スギやヒノキを間伐し、林内に光を入れ、自然に照葉樹が芽生える。そして照葉樹が復元していく・・・・

植樹をしない、100年がかりの気の遠くなるようなプロジェクト。

この復元プロジェクトにあなたも参加してみませんか。

間伐終了後は、森を散策します。

森のエキスパートたちと一緒に散策できる貴重な機会です!

色んな話をしながら森を歩きませんか。

たくさんのご参加お待ちしています。

 

日程:2月21日(土)

時間:8:45 川中自然公園駐車場 集合

対象:小学校5年生以上
※小学生は保護者同伴

参加費:無料

申し込み締め切り:2月17日(火)

参加希望の方は、てるはの森の会までお問い合わせください。

(チラシはこちらから→(第16回木こり体験募集チラシ

TEL 0985-35-7288   FAX 0985-35-7289

 

 

 

 

 

 


2015年は10周年の年です!

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、代表の交代や一般社団法人への移行、

念願の「第2回 国際照葉樹林サミットin屋久島」へ参加する等、忙しい1年でした。

今年はてるはの森の会が生まれ、綾プロが始まって10周年を迎えます。

皆さまには、ご支援ご指導を賜りますよう、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

2015年
一般社団法人 てるはの森の会 一同

 

 

 

 

 

 

 


(終了!)ビオトープの愛称を募集しています!

「綾里の生きものとふえあえる場所(綾のビオトープ)」

愛称募集!

宮崎県綾町役場の北側に、「綾町ふれあい中央公園」があります。
その西側の遊休地約0.4haに、綾のビオトープをつくっています。

この場所に、自然と共生していた頃の綾里の環境をつくり、消えかかっている綾里の生きものを保護・保全しようとしています。

湿った環境(小川や池)と乾燥した環境(小高い丘)をつくり、その環境にあった生きものがすむようになります。

この場所で、綾里の自然と子どもがふれあい、遊び、学ぶことができるよう、町民のみんなと一緒に自然環境を育てていくことを目指しています!

*募集内容
生物多様性再生区域
仮称「綾の生きものとふれあえる場所(綾のビオトープ)」
の愛称と、それに対する意味や想いを募集します。

*選考・発表
選考委員会を設置して審査します。
採用された愛称の発表は、2015年1月ごろに、
綾町広報やホームページ等で発表します。

*賞品
採用された方1名に、素敵なプレゼントを贈呈します。

*応募期間
11月30日(日)まで
※ハガキでご応募の場合は当日消印有効

*応募内容
①愛称、②愛称の意味や想い  に加え、
氏名、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス
年齢をご記入の上、下記までご応募ください。

*ご応募・お問い合わせ先
(一社)てるはの森の会  (綾生物多様性協議会事務局)
〒880-0014 宮崎県宮崎市鶴島2-9-6 みやざきNPOハウス403号
電話:0985-35-7288  FAX:0985-35-7289
メール:shimomura◎bunkahonpo.or.jp(◎を@に入力し直してください)

*主催
綾生物多様性協議会(綾町役場、日本自然保護協会、てるはの森の会)

愛称募集の詳細は、チラシをダウンロードしてご覧くださいね♪

 

綾のビオトープ愛称募集(表)

綾のビオトープ愛称募集(表)

綾のビオトープ愛称募集(裏)


照葉樹林だより 第37号発行しています!

遅ればせながらのご報告。

2014年3月20日発行号の「照葉樹林だより第37号」、完成しています!

会員のみなさまのお手元にはすでに届いていると思います。

今回の照葉樹林だよりの特集は、
綾の森の写真をめぐって
と題して、会員の坂元守雄さんにご執筆いただきました。

綾の森の写真撮影を20年続けられた坂元氏は、長年「照葉樹林だより」の表紙を飾ってくださいました。

何度も足を運んだからこそ見ることのできる“光と影”。

ぜひご一読くださいませ。

下記をで検索して会報のページへ飛んでください。
http://teruhanomori.com/?page_id=12

 


(終了)第2回 国際照葉樹林サミットin屋久島 開催!!

東アジアに広がる照葉樹林と、その恵みを未来へ引き継ぐことを目的とした「国際照葉樹林サミット」。

ついに、第2回目の開催が実現しました!!
開催地は「屋久島」で、6月6~8日にかけて行われます。

思い起こせば3年前の2011年5月21日に「第1回 国際照葉樹林サミット」が綾町で開催されました。

第1回のサミットでは、照葉樹林の価値と現状を確認し、未来に向けて進めていくことを宣言しました。

東アジアに連なる照葉樹林は、生物多様性が豊かな、極めて重要な価値を有する森林であり、人類も様々な恩恵を享受してきましたが、その森が地球温暖化やシカの食害、里山林の放置などによって生物多様性の危機に瀕しています。

それを受けて、照葉樹林の保護・復元に向けた活動を積極的に行い、照葉樹林の適切な利用による伝統文化の発展的継承、そしてそれを支える国、地方自治体、研究機関、自然保護団体、地域住民、企業、NPOなど様々な主体が連携しネットワークの構築に努め、積極的な活動を推進していくことを宣言しました。

第2回目のサミットも、東アジアの照葉樹林地帯のネットワーク構築を目指しています。
~ブータン・台湾・韓国・沖縄・奄美・屋久島・大隅・綾・対馬~

********** 第2回 国際照葉樹林サミットin屋久島 **********

2014年6月6日(金)、7日(土)、8日(日)

6日(金):照葉樹林文化講演会
場所=屋久島環境文化村センター(宮之浦)
時間=19:00~21:00

7日(土):国際照葉樹林サミット
場所=屋久島離島開発総合センター(宮之浦)
時間=10:00~18:00
講演①湯本貴和(京都大学霊長類研究所 教授)
講演②ペマワンダ(ブータン農業省再生可能資源リサーチセンター所長)
テーマセッション①「照葉樹林とユネスコエコパーク~森の恵みが支える地域の豊かな発展~」
テーマセッション②「共生と多様性の森~照葉樹林のまか不思議」

8日(日):現地見学会(口永良部コースは9日まで)
6コースあり

!詳細は公式ホームページをご覧ください!
第2回国際照葉樹林サミットin屋久島 http://yakushimahozen.hatenadiary.jp/

20140430133544

**************************************


(終了)【設立記念会を開催いたします。参加者募集中!】

日時: 6月5日(木)14:00~16:00
会場: 宮崎市民プラザ4Fギャラリー(宮崎市役所となり)
スケジュール: 13:30~  会場
14:00~ 開会、中島淳 氏 講演
(内閣官房地域活性化伝道師)
14:50~ ソーラーフロンティア(株)事例発表
当法人設立と事業の紹介
閉会
15:30~ 茶話会(16:00終了)
以前お伝えしたとおり、H26年度から「一般社団法人 てるはの森の会」になりました。そこで、設立記念会を開催いたしますので、どうぞご参加ください。
企業や地域住民と共同して森づくりをすすめ発展させていく方向性を、まちづくりにおける協働の実践事例を元に探ります。
また、当法人の設立の報告と事業のご紹介、そして間伐ボランティア参加企業の実例発表も合わせてご紹介いたします。

設立記念会チラシ1


H26年度から「一般社団法人」になります

てるはの森の会は、2005年に任意団体として発足して以来9年間、綾の照葉樹林プロジェクトを中心とした活動を続けてきました。

しかし、時代とともに任意団体としての活動は厳しい現状にありました。

そこで、100年後に照葉樹林の復元を目指す「綾の照葉樹林プロジェクト」の活動を続けていく体制をつくるために、この度 平成26年度より「一般社団法人 てるはの森の会」を設立することになりました。

新代表には、綾町の照葉樹林文化推進専門監として活動している 河野 耕三氏 が就任いたします。

本日は、法人設立の準備を進めていることを皆さまにお知らせし、新体制の詳細は改めてご報告いたします。

会員の皆様におかれましては、これまでと変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。