快挙です!!

宮日新聞に次の記事が掲載されていました!

「翻訳本初の受賞!宮日出版文化賞」(⇒新聞記事はこちらから)

 

受賞されたのは、てるはの森の会の会員でもあり、県内で砂浜保全活動もされている林裕美子さんです。

翻訳本のタイトルは「砂 -文明と自然-」

以前、照葉樹林だより第29号で、この翻訳本をご紹介いただいたときのコメントをご紹介します。

 

「森の本でも沢の本でもありませんが、2009年にアメリカで出版された本を、1年半がかりで翻訳しました。

砂なんてつまらないと思われる方も多いかもしれませんが、さまざまな砂の逸話が次から次へとつむがれて、砂がまるで生き物のように感じるようになります。

砂についての科学的な知見に終始するのではなく、砂を利用する人の文化的な面にも光を当てて、民話・数学・芸術・探検や、吸血鬼にまで言及したということで、原著は米国自然史博物館のジョン・バローズ賞を受賞しています。

読み終わったあとは、地球が少し違って見えるようになります。」(照葉樹林だより第29号より抜粋)

 

【目次の紹介】

 序章

1章  砂つぶの生い立ちと性質 

2章  砂が集まる不思議な世界

3章  砂が連想させるもの─大きな数

4章  川から海へと旅する砂つぶたち エピローグ ツタンカーメンの砂漠ガラスの謎

5章  波、潮流、ハリケーンにもまれる砂の旅

6章  風に吹かれてできる砂漠

7章  過去を証言する砂

8章  砂が連想させるもの─伝承と芸術 

 9章  人の生活の中で活躍する砂

10章  地球を超えて、時間を超えて 

 参考書籍・文献・サイト、索引 、訳者あとがき

 

受賞おめでとうございます 😀

みんなでお祝いしましょうね!

 

 


1月30日(月)NHK BS プレミアム 20:00~21:00ワイルドライフ「森の国 日本 緑の小宇宙に命響きあう」

1月30日(月)NHK BS プレミアム 20:00~21:00
ワイルドライフ「森の国 日本 緑の小宇宙に命響きあう」
の中で綾の森が取り上げられます。

番組終了後、NHKに問い合わせがあれば、
「てるはの森の会を教えて良いですか?」
と連絡がありました。

【番組詳細】
国土の約7割が森林に覆われる、世界でもたぐいまれな「森の国」日本。樹木は、ほかの木との競争や過酷な環境を生き抜く独自の戦略を持っている。新緑や紅葉という風景も、実は、生き残るための大切な営みの一つ。その樹木からの恵みを利用する動物たちは、木々の栄養循環や世代更新に一役買い、豊かな森を創り出す。日本ならではのブナの森を中心に、各地の代表的な森を訪ね、樹木と動物の命が響きあう森の小宇宙を見つめる。


「綾エコパーク推進協議会」ってご存知ですか。

綾エコパーク推進協議会

という組織が、平成23年4月に発足しました。

構成員は、綾町・(公財)日本自然保護協会・東京大学・(NPO)宮崎文化本舗・てるはの森の会、で構成されています。

H23年度から「新しい公共推進モデル事業」として宮崎県から支援を受けています。

ユネスコエコパークの実現に必要な調査研究、地域活性化に関する方向性や方策の検討、情報交流や普及啓発等を行い、ユネスコエコパークの認定実現を図ることを目的としています。

平成23年度の具体的な活動は、

① 九州環境教育ミーティングの開催(H24年3月3日~4日)

(綾町で開催されるため、ユネスコエコパークの普及啓発や情報交換の場となる。)

② ふれあい調査

(地域の人と自然のかかわりを語り合いから掘り起こし、次世代へ伝え残していくもの。現在は綾町古屋地区で行っている。)

③ 地域づくりワーキンググループ委員会

(現在は、既存の観光マップには載っていない、綾町の宝をマップにしようと奮闘中!)

以上が主な活動です。

その他、ユネスコエコパークに指定された場合の運営組織を考えたり、普及するためのセミナーに参加したりしています。