2015年は10周年の年です!

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、代表の交代や一般社団法人への移行、

念願の「第2回 国際照葉樹林サミットin屋久島」へ参加する等、忙しい1年でした。

今年はてるはの森の会が生まれ、綾プロが始まって10周年を迎えます。

皆さまには、ご支援ご指導を賜りますよう、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

2015年
一般社団法人 てるはの森の会 一同

 

 

 

 

 

 

 


つ、ついに、林業にも「女子会」が登場!!!!

さまざまな分野で林業に関わっている女性約30人で構成された
 「林業女子会@京都」
都市部の女性を対象に、林業体験イベント「森の女子会」や「林業カフェ」などのワークショップを開催し、林業・森林のある生活の面白さを知ってもらうために、活動されているそうです!
下記URLより、「林業女子会@京都」をご覧ください♪ http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/kouhousitu/jouhoushi/2408.html

MRTラジオで、林床植生調査の様子が放送されました

5月6日に、MRTラジオ「エ・コ・コロ カフェ」で、林床植生調査の様子が放送されました!
 照葉樹林に復元するまで、長~く根気のいる作業と研究。
(100年計画です!!)
丁寧に取材してくださり、あたたかく見守られているようでした。 …
    【町の中心に近い里山で行なわれる植樹育樹活動には多くの市民や子どもたちも参加
    しています。 何百年も続く予定の森作りは「人作り」も大切です。】
これからも、市民の方に興味をもってもらえるよう活動しなければ!! とふんどしを締め直しました!
MRTのHPでも紹介されていますので、ご覧ください♪

可憐なアケボノツツジ

綾町の方11名と、式部岳へ登ってきました。
 生涯学習講座「綾の照葉樹林を学ぶ」の番外編です。
可憐なアケボノツツジにみんなうっとり・・・
標高1218.9m付近では、照葉樹林帯にはめずらしい、ブナ林があります。
渡渡4回のやや難コースでしたが、無事、時間よりも早く下山しました。
 やっぱり、一番元気なのはK先生でした。
 (今年度から一般登山者の入山はできませんのでお気を付けください!)

水明り in 熊本

もう一月前になりますが…
10月9日~10日熊本で「全国まちづくり会議」に参加しました。
その夜は熊本の「水明り」というお祭りでした。竹を使った素晴らしく美しい明りの饗宴。
初めて見た私は大変感激しました。
遅くなりましたが、その時の美しさ、素晴らしさが伝われば…

この裏はこんな風です。

背景は熊本城の借景、お堀に光が反射して、本当に美しく感激しました。
準備されている方のご苦労が感じられました。
熊本では有名なのかしら?宮崎まで報道はされていませんので、
本当に驚きました。ご準備された皆さんありがとうございました!


富士山の麓より・・・②

さてさて、今年で10周年を迎えた「コスモアースコンシャスアクト クリーンキャンペーン in Mt.Fuji 」
清掃活動は山中湖村で行われました。
富士レーダードームで開会式が行われるなか・・・。

ジリジリと照りつける日差し・・・
アツイよ・・・
むむ・・・?
シッシ!あっちいって・・・

びくともしないコイツは・・・「サラサヤンマ」でしょうか!?
・・・結局、私の膝の上で「ごはん」を完食し、飛び立ちました・・・
余談です。
そんなこんなで、120名の参加者は誘導されて、清掃活動をする桧丸尾キャンプ場へいざ!向かいました。

                        「富士山クラブ」ボランティアの方々
第1班から6班にわかれて、約100メートルの長さ、幅約10メートルの範囲を分担します。
驚いたことに、捨てられているゴミはそれぞれ分別されていました!
産業廃棄物が多数を占めるため、それぞれの業者ごとに、分別されているんですねぇ~。
そのままゴミ処理場に持っていけるじゃん!
捨てられたゴミを目の前にすると、自然と怒りが湧いてきます。
遺棄されたゴミは、80~90年代の物が多いといいます。
ぱっと見た感じゴミがなくても、用意された竹の棒でちょちょっと掘ると・・出てくる、出てくる。
ゴミ「拾い」というよりも、ゴミを「掘り当てる」感じ。
土に埋もれてしまっています。

このキャンペーンは年に1回、10年続いています。
その度に、平均2~3トンのゴミを回収しています。
このキャンペーン以外でも、この清掃活動に関わっている「NPO 富士山クラブ」は、定例清掃活動として、月に1回富士山の清掃活動をしています。
多い年では1年間だけで67トン弱のゴミが回収されたといいます!!
10年以上回収し続けて、いまだにトン単位でゴミがでるとは・・・富士山は昔、ゴミ捨て場となっていたのでしょうね・・
山がゴミ捨て場になる、川がゴミ捨て場になる・・・今では少なくなってきているし、環境問題についてさかんに言われる時代には考えられないことですよね。
「ゴミ」に対する人間の考え方、感覚ってどんなんだったのかなぁ~と興味も湧いてきたり・・・


富士山の麓より・・・①

7月23日~25日にかけて、清掃登山をしてきました!!
場所は山梨県の山中湖村。
そう!!富士山の麓ですっ
毎年、コスモ石油と全国のFMラジオ、そして地元のNPO富士山クラブが開催している「コスモアースコンシャスアクトin Mt.Fuji」の記念すべき10周年のイベントに参加してきました!
                 公式サイト     http://www.tfm.co.jp/earth/
倍率何十倍という超難関をくぐり抜け、5年越の当選です!!
あきらめなくてよかった~!!
この活動はもともと11年前から始まっていて、登山家で環境問題等の活動をしている野口健さんが始めた活動です。
第1回目は参加者も少なく、登山愛好家や環境問題に関心のある一部の方が参加されていたようで、もっと間口を広げ若年層にも伝えていきたいという思いから、次年度よりFMラジオと協力するようになり、ことし10回目を迎えています。
念願の野口健さんとも、記念撮影&握手をギュッとしてもらいましたよ
ナマ健さんは、ほんとうにフレンドリーで、誰とでも昔からの知り合いのように話をしてくれました。瞳がとってもキレイな方でした

色々と直接話しかけ、聞きたいことがあったな~と、早くも少し後悔がある私です。
後悔が残るようじゃもったいないぐすん。
野口健さんに興味がある方は、一度HPを見てみてくださいね。
            
      野口健 公式サイト     http://www.noguchi-ken.com/
イベント中、「参加者は環境問題に関心が高い方だ」という表現を司会者がされるのを聞くと、「そうかな~・・・何か環境問題を考えて行動してるかな~??」と、疑問が浮かび、「環境問題に関心があるって、どういうことなんだろう??」と、富士山の5合目を目指しながら、ゴミを拾いながら、考えたりしました。
すでに環境問題を考え、何か行動し、次に自分の外に向かって行動している人はもちろんですが、頭の片隅には「環境問題」という言葉があるけれど、行動していない人に、考え、行動に移してもらうよう後押しするのが、このイベントの目的なのかなぁと思います。
そして、参加した約120人がそれぞれに体験したことや考えたことを伝え、行動していけば、すごい数で草の根的に広がっていきますよね
1人1人がいっぱい集まれば、すごく大きなパワーになれることを実感しました~。
ちりも積もれば山となる!?
まさに、まさに、そんな状況のが富士山の麓にはありました。
詳しくは、次回!
シリーズにてお送りします