市民の声が形に 展示リニューアルへ

今年、てるはの森の会が綾町と協働で
内閣府の「官民パートナーシップ確立のための支援事業・
人と自然が共生する照葉樹林と文化のまちづくり発信事業」
を行いました。
その中で、照葉樹林文化館活用に関する市民協働会議を設置し、
昭和61年から展示物のレイアウトや説明文が変わっていない
文化館の活用計画案を検討し、提言しました。

これを受け、協働会議にも参加していた綾町が、
2009年度予算に事業費として500万円を計上し、
改装が実現することとなりました。
提言だけに終わらず、計画の実現にまでこぎ着けたことは
委員の皆さんのみならず、事務局としても本当に嬉しいです!!
一つずつでも市民の声、てるはの森の会会員さんの声を
行政に届け、実現するお手伝いができたのは、本当に本当に嬉しい!
今年一年忙しかったけど、それも吹き飛ぶ充実感です!


2 thoughts on “市民の声が形に 展示リニューアルへ

  1. はじめまして。
    宮崎県ノルディックウォーキング協会の細山田と申します。
    「てるはの会」さんの活動には、いつも注目させていただいております。
    素晴らしい、先進的な活動ですね
    団体ブログのリンク集に加えさせて頂きたいと思います。
    どうぞよろしくお願い致します。
    NPO法人宮崎県ノルディックウォーキング協会

  2. 宮崎県ノルディックウォーキング協会の細山田さま
    コメントありがとうございます。
    北郷町の森林セラピーではお世話になっております。
    セラピー基地グランドオープンはいかがでしたか?
    私は残念ながら、翌日の体験イベントは出席できませんでしたが…
    どうぞどうぞ、リンクに加えてください。
    今後ともよろしくお願いします。

てるはの森の会 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.