照葉樹林だより第29号 発刊です!

年末で慌ただしい毎日です。
みなさん、年越しの準備はお済ですか?
てるはの森の会では、タイトル通り照葉樹林だよりを、本日をもって発送いたしました!!
もしかしたら、会員の皆さまのお手元に届くのは年明けになるかもしれませんが、どうぞお楽しみに☆
内容を少し、ご紹介いたします。

今回のメインページは、総合地球環境学研究所の教授をされている湯本貴和先生にご執筆いただきました。
題は「森の遷移と悲願の教科書改訂」です。
日本各地に設定されている永久調査地で蓄積されたデータを基に、高等学校生物の教科書に記載されていた「森の遷移」に関する記述の改訂が行われたことが紹介されています。
森の遷移、更新について、見え方が少し変わるかもしれません。
是非、ご一読ください 😀

では、その他の記事を目次でご紹介します。

【目次】
☆ AKAYAプロジェクトから学ぶこと
☆ ボランティア臨床調査5年目の中間報告
☆ 森の遷移と悲願の教科書改訂
☆ コバントビケラの葉っぱ1枚から
☆ 第9回間伐作業実施 / 本の紹介『砂 ―文明と自然―』
☆ 事務局だより

ご興味のあるかたは、「照葉樹林だより29号」をクリックするとダウンロードできます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.