ヤマビル調査隊とは

活動の背景 

全国的にシカ・イノシシの個体数の増加や生息域の拡大に伴い、それらを吸血源と運搬役にするヤマビルの生息エリアが急激に拡大しています。生物多様性の保全やESDの重要性を体験できる奥山エリアにヤマビルが多いことで、多くの人が初夏から初冬にかけて自然豊かなエリアに出向く機会を激減させています。
シカ・イノシシは有害鳥獣の駆除や捕獲など全国的に取り組まれていますが、ヤマビルに関しては研究者も少なく、その生態すら一般に知られてはいいません。
照葉樹林の町・宮崎県綾町では、照葉大吊橋遊歩道や森森林セラピー基地など森林浴を楽しめる遊歩道があるものの、4月~12月までヤマビルがいるため、積極的な誘致活動は逆に風評被害を生むかもしれないとの懸念の声も大きく、実際に夏の間の入山者は多くありません。また温暖化の影響でヤマビルの活動期間も延びています。
人と自然の共生を目指す綾ユネスコエコパークの地で、1年のうち4分の3以上、市民が心地よい森林浴を楽しみにくい状況にあることは、環境教育の実践の場として致命的な障害となっています。

2018年度から地球環境基金の助成を受けて始まりました

まずは綾町内での分布状況や被害状況を把握し、それを踏まえたうえでヤマビルの生態を学び対応策を検討し、実践に向けての協力体制を構築したい!平成29年度から3カ年、地球環境基金の助成を受けて実施がはりまりました。その中で、活動を支える市民グループ・ヤマビル調査隊を立ち上げました。

 

調査隊員の活動をご紹介します

 活動はヤマビル調査隊と一緒に進めます。活動内容は、ヤマビルの生息数調査やセンサーカメラ調査、落ち葉かき作業の他、学習会に参加してもらってヤマビルに対する知識を勉強しています。
まだまだ活躍の場は少ないですが、これから長く続く活動をともに盛り上げていきたいと考えています。

ヤマビル調査隊 カテゴリアーカイブ
ヤマビル調査隊 フェイスブックページ

 

ヤマビル隊員 新メンバー募集中♪

一緒に活動してくれる調査隊員を募集しています。ヤマビル研究会の谷先生をお招きした活動もあるので、生態についても詳しく知ることができますよ。
ヤマビルとこんなに仲良くなることはないと思います?!ぜひご登録ください。
登録された方には、ヤマビルに関する調査や学習会のご案内を差し上げます。

<綾のヤマビル友の会 メンバーズカード&献血証明書>

 ヤマビル学習会や整備に参加した場合や、ヤマビルを通じて山の神さまに献血された方には1ポイント進呈♪さらに吸血したヤマビル生体をご提供いただいた場合も1ポイントゲットできます。
5ポイントたまったら、オリジナルグッズをプレゼントします♪


登録をご希望される方は、下記必要事項をご記入の上、てるはの森の会までご連絡ください!お待ちしています。

てるはの森の会 FAX0985-35-7289、メールteruha@miyazaki-catv.ne.jp
TEL0985-35-7288

<必要事項>お名前、ご住所、電話番号、FAXまたはメールアドレス、生年月日(保険加入のため)