ガイド/ 申込

照葉樹林ボランティアガイド

~綾の森を詳しく知りたい 森林ガイドと歩く~

かつて西日本を広く覆っていた照葉樹林は、開発などの影響でだんだん姿を消しています。そんな中、ここ綾には、日本最大の面積と言われる照葉樹林が残されています。この貴重な森について、その植生、人間との共存の歴史、文化などを広く伝えていくために、半年間の研修を受けたボランティアガイドが皆さまをご案内します。

 

おすすめモデルコース

まずは大吊橋から、照葉樹の森をゆっくり眺めてみましょう。さまざまな種類の緑色、太陽に照らされて光る葉など、森の姿を堪能できます。ふだんなかなか見ることのできない照葉樹の樹冠を、上から観察するのも面白いですよ。森に入ったら、幹周り3m近いイスノキやタブノキの巨木、野鳥、季節ごとに装いをかえる野草など、色々な出会いを楽しんでください。照葉大吊橋から続く遊歩道は、1周約2㎞のコースです。ガイドの解説を聞きながら、約3時間の散策となります。比較的平坦なコースですが、2箇所の下りと、最後に10分ほどの上りがあります。無理をせず、疲れたら遠慮なくガイドに声をかけてください。

■集合場所

てるは森の驛(照葉大吊橋入り口)

 

 

 

 

 

 

 

■ガイド料金

9名まで 500円/1人
10名から 400円/1人(団体料金)
※別途吊橋入場料(300円/1人)が必要です。
※散策される方は、各自で任意保険にご加入ください。

■お申込み方法

申し込みにはこちらのフォームに記入の上、てるはの森の会までFAX、E-mailなどでご送付ください。

原則20日前までにお申し込みください。それを過ぎた場合は、お電話(0985-35-7288)でご相談ください。

ガイド申し込みフォーム          散策の手引き

 

Word版 ガイド申し込みフォーム

 その他のコース

その他にも色々なカースアございます。また、参加者に合わせたオリジナルのコースの作成も可能です。

まずはお問い合わせください。