川中神社 梅まつり×森の落ち葉かき(2/23日)

 川中神社にはその昔、修験道があたとの言い伝えがあり、西光寺跡や阿弥陀堂があります。神仏習合の姿を伝えるこの山は、林業が盛んな時期もあり、人と森の関わりがとても深い場所です。
 この早春に山の神様に感謝し、遊歩道を多くの人が心地よく歩けるように、落ち葉かきをします♪

<川中の森とヤマビルの共存>
奥山の川中嶽ではその昔、製材所跡があり、枕木などを製材しながらトロッコ道を西へ西へと延ばしていました。その名残は今、森林セラピーの遊歩道として親しまれています。
 しかし、散策シーズンの4月~11月ヤマビルの活動期にあたるため、落ち葉きをしてヤマビルの吸血被害を減らし、心地よく利用できるようにしたいと思っています。

★綾町中心部から奥山・川中神社までバスで送迎します♪
★落ち葉かきをしたあと、川中神社梅まつりを参拝し、ふるまいをいただきます♪

—————————————————————
日時:2月23日(日)8:30~14:30
集合:綾町役場裏駐車場

*作業地の川中自然公園まではバスで移動します
参加費:1000円(川中神社ふるまいお供え金)
*地元の方手づくりのおいしいふるまいに舌づつみ♪
—————————————————————

【参加申込】※事務局へ必要事項をご連絡いただいて申込完了となります

◎ 名前・住所・年齢・電話番号・FAXまたはメールアドレスをお伝えください

(一社)てるはの森の会
FAX:0985-35-7289
メール:teruha★miyazaki-catv.ne.jp
    (★を@に変換してください)

電話 :0985-35-7288
住所 :〒880-0014
    宮崎市鶴島2-9-6みやざきNPOハウス403号


受付終了<Let’s落ち葉かき2/17>川中の森とヤマビルの共存を目指して!

【落ち葉をかいて、たくさんの人に魅力を伝える遊歩道にしよう!】

林業の遺構が残る川中の森には、全国的にも広がりをみせるヤマビルが生息しています!
ヤマビルの吸血被害を減らし、遊歩道を多くの人が心地よくあるけるようになることを目指して活動を始めました!

<川中の森とヤマビルの共存>
奥山の川中の森ではその昔、製材所があり、枕木などを製材しながらトロッコ道を西へ西へと延ばしてしました。
その名残は今、シンリンセラピーの遊歩道として親しまれています。
しかし、散策シーズンの4月~11月はヤマビルの活動期にあたるため、心地よく利用できるようにしたいと思っています。

心地よく遊歩道を使えるようにするための、落ち葉かきをお手伝いしてくださる方を募集しています!!

作業終了後は、川中の森の中にある開基1300年を迎えた由緒ある「川中神社」の梅まつりに参加して、美味しい手づくりのふるまいに舌づつみを打ちましょう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2月17日(日)
8:30~14:30
集合:綾町役場裏駐車場
*作業地の川中自然公園まではバスで移動します
参加費:1000円(川中神社ふるまいお供え金)
*地元の方手づくりのおいしいふるまいに舌づつみ♪

【申し込み・問合せ先】
一般社団法人てるはの森の会
宮崎市鶴島2-9-6みやざきNPOハウス403号
電話0985-35-7288
FAX0985-35-7289
メール teruha@miyazaki-catv.ne.jp

【お申し込みの際は、氏名・住所・性別・年齢・電話番号・お持ちの方はメールアドレスをお知らせください】